名古屋に住んでいるなら名古屋銀行も検討してみましょう

MENU

名古屋銀行

名古屋銀行の個人向けローンの商品構成は、カードローンの最大限度額が200万円と低めなのに対し、目的ローンやフリーローンのメニューが充実しているのが特徴です。
カードローンの商品は2つであり、最大融資限度額が200万円と50万円があります。ともに名古屋銀行に口座を持っていることが必要です。名古屋銀行との取引によって金利が低くなり、住宅ローンや給与振込があると金利が優遇されます。他の銀行カードローンに比べると限度額が低いので、あまり利用価値はないかもしれません。また、限度額50万円のカードローンは金利が高いのですが、給料日前にちょっと借りてすぐに返すという用途であればむしろこちらのカードローンの方が有利かもしれません。
カードローンに比べると目的ローンはメニューが充実しています。定番のものだけではなくガン治療や介護向けの融資も目的ローンとして金利が優遇されています。また、名古屋銀行で住宅ローンを借りている人であれば、もっと優遇金利が適用される目的ローンやフリーローンが設定されています。目的ローンの中で、オートローンの金利の低さが目立ちますが、表示されている金利のほかに保証料の支払が必要なため、契約の前に確認した方がいいでしょう。
住宅ローンを借りていない場合であっても、給与所得者であれば有利な「生活なんでも応援団」というフリーローンがあります。2種類のメニューがあり、信用度合いによってどちらかを選択することになりますが、フリーローンであれば、このローンは一番金利が低いので、まずこのフリーローンから検討するといいでしょう。
全てのローンが固定金利なので、借入とともに返済計画が決まります。変動金利より若干金利面で不利ですが、支払スケジュールが確定するため資金計画上有利だと言えるでしょう。